FAQ

Q. どのくらいパワーが上がりますか?
A. 一概にパーセンテージでは表せません。Digi-Tecではピークパワーを求めるだけのセッティングはしていません。他のハードパーツに影響が出ない範囲を熟知しています。

Q. トルク特性やパワー特性がピーキーになったりしますか?
A. 大丈夫です。エンジンが持つ本来の特製を生かしたセッティングを施します。それによってトルクカーブが底上げされる感じになります。昨今の車両のフラットなトルク特性をそのままに、より乗りやすいセッティングを目指して開発しております。

Q. マフラーやエアクリーナーを交換していますが?
A. 純正交換タイプのエアクリーナー、エンドマフラーであればそのままでも問題ありません。交換されたパーツによっては個別セッティングが必要な場合もあります。現車合わせも行っておりますが、パーツ構成をお聞きした上での判断となります。

Q. スピードリミッターは切れますか?
A. サーキット走行用にノーマルデータのスピードリミッターの数値をタイヤのロードインデクッスの範囲内でスピードリミッターを変更しています。標準のチューニングメニューに含まれております。

Q. レブリミットはあげられますか?
A. 標準のチューニングメニューで変更しているエンジンもあります。レブリミッターを変更できないエンジンもございますので、ご注文の際にご相談ください。(別途特別セッティング料が必要になる場合があります)

Q. 何故パワーをあげられるのですか?
A. メーカーは設計する上で、燃料や走行条件などに対する大きなマージンを取っています。ガソリン品質が保たれていない地域での使用なども考慮し、また様々なドライバーの要求に耐えうる車両開発を求められているからです。更に的確な見直しを図る事でエンジンのポテンシャルを引き出す事が出来ます。

Q. 保証はありますか?
A. Digi-Tecのチューニングデータはドイツの厳しい検査機関「ドイツ検査機構」(TUV)の認証を取得しています。チューニングデータが基でエンジンが破損した場合などきめ細かな保証制度を持っています。詳細はサポートページをご覧ください。

Q. チューニングによる弊害はありますか?
A. ノーマルデータと同じように取り扱っていただいて大丈夫です。ドイツでTUVの認証を得られているように、書き換えによるトラブルや排気ガス濃度の悪化などはありません。熱量が上がっている為にエンジン本体の温度が上がる場合もあります。このためにオイル交換など通常のメンテナンスにはお気使い下さい。

Q. ディーラーでのメンテナンスは受けられますか?
A. 問題ありません。必ず車両のオリジナルデータをベースに書換を行いますので、その他の車両機能やテスターでのメンテナンスに不具合が出ることはありません。何らかの理由でデータを書き換えられたりECUを交換されてしまった場合でも、一年間のアップデート保証により、再度書き換えを行ないます。

Q. 車両の診断・メンテナンスをしてもらえますか?
A. 書き換えの際には車両テスターによりエラーチェックを行っております。一部の車両を除きますが、故障診断のみも別途料金にて承ります。車両のメンテナンス相談もお気軽にお問合せください。

Q. Dレンジのシフトタイミングを上げて欲しいのですが?
A. オートマチックトランスミッションはアクセル開度や要求トルクによってシフトチェンジしています。ミッションコンピューターを変更する事で可能の場合もありますが、Digi-Tecでは一部の車両を除き推奨しておりません。ただエンジンのトルク曲線が変わればれば、当然シフトタイミングも変わります。

Q. ドイツからのデータだけで細かな変更はできないのですか?
A. データの開発はドイツで行い、TUV認証を取得しています。日本で販売を初めた当初は日本のエンジニアがデータを変更する事を許されませんでしたが、2010年よりデータの変更を行えるようになりました。特に現車セッティングでは車両データ(空燃比など)を測定し、適切な値に変更する必要がありますので、細かな変更だけでなくパラメーターを大きく変更する事も行っています。

※ その他ご質問はこちらからお知らせください。